初心者でも問題なく働ける

みなさんがよく知っているファーストフード店でのアルバイトは主に2つの種類に分かれます。1つはみなさんもよく見る機会の多い接客に従事する、いわゆるホールスタッフです。もう1つは実際に食べるものを作る厨房に従事するキッチンスタッフです。面接の際に希望を聞かれることが多いですが、それぞれのお店が募集している内容にもよるのでそこは必ず確認しましょう。まずは接客を行うホールスタッフについて説明します。接客を行うスタッフは、主にお客様から注文を聞いたり、お客様がわからないことを聞いてそれを解決するためにサービスするお仕事になっています。意外かもしれませんが、接客のスキルやコミュニケーション能力よりも、傾聴力やそれを理解する能力、また実際にそれらをどのように処理したらよいかを考えられるスキルの方が必要になっています。注文をとるだけでなく、お客様をもてなすお仕事ですので、日々学ぶことが多いです。次に厨房で商品を作るスタッフについてです。厨房のスタッフは資材の取り扱いや補充・調理器具の洗浄や厨房内の清掃、実際の調理などを行うことが主なお仕事の内容となっています。資材の取り扱いについては衛生管理などの方面で覚えることが多いかもしれませんが、ほとんどの場合お店で研修があるのでその間に覚えられると思います。洗浄や清掃は日々行っていくこととなりますので、それで体を動かすことも多いです。また、実際の調理についてもきちんと研修があることが多いのでそれに従って商品を作れれば問題ないと思います。特にホールスタッフの場合は、学生さんなら誰でも利用したことがあると思うので、仕事内容を把握する事は簡単でしょう。このようにファーストフード店は、ホールスタッフもキッチンスタッフも、どちらもしっかりとした研修とマニュアルがあるので、アルバイト経験が少ない学生さんにもオススメのアルバイトだと思います。

  • Recent Posts